北の大自然に抱かれる

北海道駒ヶ岳を臨む、8つのヴィラ。目の前に広がるのは、約7万坪の敷地だ。
草原を抜け、静けさが漂う木漏れ日の中を進む。途中、小川のせせらぎに癒され、
清々しい樹木の香りに驚く。その広大な庭は、北の大地そのものだった。

サービスとファシリティ

Outdoor

アウトドアで自然と一体化

窓を開けると、鼻に抜けるような木々の香りが運ばれてくる。目の前の草原ではツリーハウスの周りを看板犬のバーニーズマウンテンドッグが走り回っていた。この犬はここができたときから施設を守っているという。広大な敷地内では、カヌーやバードウォッチング、天体観測など、多彩なアクティビティが楽しめる。また、自然の中でホテル並みの快適なサービスが受けられる「グランピング」と呼ばれるキャンプ体験も可能だ。緑の匂いがこんなに爽やかだったとは......。その発見に少し驚いた。

Outdoor

アウトドアで自然と一体化

窓を開けると、鼻に抜けるような木々の香りが運ばれてくる。目の前の草原ではツリーハウスの周りを看板犬のバーニーズマウンテンドッグが走り回っていた。この犬はここができたときから施設を守っているという。広大な敷地内では、カヌーやバードウォッチング、天体観測など、多彩なアクティビティが楽しめる。また、自然の中でホテル並みの快適なサービスが受けられる「グランピング」と呼ばれるキャンプ体験も可能だ。緑の匂いがこんなに爽やかだったとは......。その発見に少し驚いた。

自然公園のような敷地内では、1日中アウトドアライフが楽しめる。BRPのトライク(三輪バイク)や自転車の貸し出しも行っており、近隣の探索も可能。

View

刻々と変化する生きた絵画

日々刻々と変化する眺めには一期一会の美しさがあり、庭園もまた一幅の絵画である。ヒルズテラス函館では、そんな日本庭園の思想から、四季折々の表情を見せる目の前の景色と背後の北海道駒ヶ岳との調和にこだわった。リビングのソファやテラスのチェアに座ったとき、あるいは内風呂に浸ったときに目に映る景観は、まるで名画のような趣。春の草花や夏の緑、秋の紅葉、しっとりとした冬景色など、どれも違った味わいがある。そこまで精緻に追求したからこそ、目にしたときの感動は深く大きい。

View

刻々と変化する生きた絵画

日々刻々と変化する眺めには一期一会の美しさがあり、庭園もまた一幅の絵画である。ヒルズテラス函館では、そんな日本庭園の思想から、四季折々の表情を見せる目の前の景色と背後の北海道駒ヶ岳との調和にこだわった。リビングのソファやテラスのチェアに座ったとき、あるいは内風呂に浸ったときに目に映る景観は、まるで名画のような趣。春の草花や夏の緑、秋の紅葉、しっとりとした冬景色など、どれも違った味わいがある。そこまで精緻に追求したからこそ、目にしたときの感動は深く大きい。

「鑑照式」「座鑑式」と呼ばれる、座って眺める庭園は、 禅宗の影響を受けた室町時代の書院造りから着想を 得たもの。浴室は、蛇口をひねると天然温泉が出る。

Interior

北欧のロッジを思わせる温もり

ヴィラがあるのは入り口からいちばん遠い西側斜面。白樺の林を抜けたところを曲がり、さらに草原を上ってようやく姿を現す。大自然に吸い込まれる安心と高まる期待。その計算された演出に、徐々に特別な思いが湧いてくる。北海道産の無垢の杉を使った部屋は、北欧のロッジをイメージしたインテリアが特徴。シンプルで機能的な家具に、リビングに佇む暖炉、照明の柔らかな光、ファブリックのやさしい色使い。そのどれもが洗練と温かみを兼ね備え、感情を細やかに刺激してくるのが心地いい。

Interior

北欧のロッジを思わせる温もり

ヴィラがあるのは入り口からいちばん遠い西側斜面。白樺の林を抜けたところを曲がり、さらに草原を上ってようやく姿を現す。大自然に吸い込まれる安心と高まる期待。その計算された演出に、徐々に特別な思いが湧いてくる。北海道産の無垢の杉を使った部屋は、北欧のロッジをイメージしたインテリアが特徴。シンプルで機能的な家具に、リビングに佇む暖炉、照明の柔らかな光、ファブリックのやさしい色使い。そのどれもが洗練と温かみを兼ね備え、感情を細やかに刺激してくるのが心地いい。

リビングは吹き抜けになっており、デラックスヴィラは2階にもベッドルームが。石造りの壁の前に置かれた暖炉は揺れる炎を見ているだけで心癒される。

Dining

美食家も唸る深い味わい

北の大地の恵みを、丸ごと味わうことができるのも、ヒルズテラス函館の大きな魅力だ。食材は鮮度の高さにこだわるため、地元生産者からの仕入れが中心。七飯町にある大沼流山牧場で丁寧に育てられた「しげたの羊」は、柔らかな肉質とクセのない味わいが特徴で、グリルした後に北海道産のハスカップをベースにしたフォンドボーソースをかけたひと皿が人気。また、北斗市のおぐに牧場から取り寄せる「おぐに和牛」を使ったステーキや、ジビエの蝦夷鹿肉を煮込んだシチューも評判だ。

Dining

美食家も唸る深い味わい

北の大地の恵みを、丸ごと味わうことができるのも、ヒルズテラス函館の大きな魅力だ。食材は鮮度の高さにこだわるため、地元生産者からの仕入れが中心。七飯町にある大沼流山牧場で丁寧に育てられた「しげたの羊」は、柔らかな肉質とクセのない味わいが特徴で、グリルした後に北海道産のハスカップをベースにしたフォンドボーソースをかけたひと皿が人気。また、北斗市のおぐに牧場から取り寄せる「おぐに和牛」を使ったステーキや、ジビエの蝦夷鹿肉を煮込んだシチューも評判だ。

魚介類は殻ごと使った紫ウニのグラタンや蝦夷アワビを使った料理が人気。デザートも食用ほうずきや夕張メロンなど、北海道ならではの食材にこだわる。

客室情報

Deluxe villa type デラックスヴィラタイプ

建築面積: 130.00㎡
テラス面積:40.00㎡
定員4名

Villa type ヴィラタイプ

建築面積: 87.00㎡
テラス面積:34.00㎡
定員2名

お電話でのお問い合わせ

0120-140-142

受付時間 9:00~18:00 365日受付

アクセス

アクセスマップ

北海道茅部郡森町駒ヶ岳515-11

飛行機をご利用の場合

東京
羽田空港

約1時間20分
函館空港 車で
約60分
ヒルズテラス函館
大阪
伊丹空港
関西空港

約1時間35分

電車をご利用の場合

JR
東京駅
東北新幹線
約3時間17分
JR
新青森駅
北海道新幹線
約1時間
JR
新函館北斗駅
車で
20分
ヒルズテラス函館
JR
函館駅
特急スーパー北斗
約22分
JR
大沼公園駅
車で
15分
JR
東京駅
東北新幹線
約3時間17分
JR
新青森駅
北海道新幹線
約1時間
JR
新函館北斗駅
JR
函館駅
特急スーパー北斗
約22分
JR
大沼公園駅
JR
新函館北斗駅
車で
20分
ヒルズテラス函館
JR
大沼公園駅
車で
15分
所在地:北海道茅部郡森町駒ヶ岳515-11
大きい地図で見る

お電話でのお問い合わせ

0120-140-142

受付時間 9:00~18:00 365日受付

資料請求・お問い合わせ

ロングライフリゾートを紹介した無料カタログを約1週間でお届けします。

資料請求・お問い合わせフォーム