神秘の光景を求めて

ここは、いつ訪れても新鮮な感動がある。「豊後富士」の名でも親しまれる
由布岳の姿を眺めながら、温泉に浸かって心身を整える。ふと目を下に向けると、
小さなホタルのように、由布院の夜景がポツリポツリと灯り始めていた。

サービスとファシリティ

Interior

「大正ロマン」に思いを馳せて

天然木の香りがする部屋に入ると、李朝風の古い家具が並んでいるのに気がつく。かつて日本のモダンな邸宅では、和洋折衷のインテリアに李朝時代のアンティーク家具を置くのが流行したという。由布院が温泉保養地として発展したのは大正に入ってから。そんな背景もあって、由布院別邸ではシックな色調をベースに「大正ロマン」の雰囲気を追求している。当時は新時代への萌芽とも呼べるさまざまな大衆文化が花開いたころ。そんなロマンティシズムに浸りながらグラスを傾けるのも悪くない。

Interior

「大正ロマン」に思いを馳せて

天然木の香りがする部屋に入ると、李朝風の古い家具が並んでいるのに気がつく。かつて日本のモダンな邸宅では、和洋折衷のインテリアに李朝時代のアンティーク家具を置くのが流行したという。由布院が温泉保養地として発展したのは大正に入ってから。そんな背景もあって、由布院別邸ではシックな色調をベースに「大正ロマン」の雰囲気を追求している。当時は新時代への萌芽とも呼べるさまざまな大衆文化が花開いたころ。そんなロマンティシズムに浸りながらグラスを傾けるのも悪くない。

和モダンをイメージした部屋から見える由布岳の姿は圧巻。室内には、和柄のクッションや千代紙でコラージュしたアートも。懐かしくも新しい風情が漂う。

Hot Spring

目を瞑っても、癒しの空間

檜の香りに包まれた内湯を堪能したら、外に出て信楽焼の露天風呂に体を埋めてみる。心地のいい風が火照った体を鎮めると、普段は気にもしなかった景色が見えてくる。由布院には町ぐるみで大規模開発に反対してきた歴史があり、いまでものどかな田園風景が残る。春は大分川沿いに桜と菜の花が満開になり、夏は田んぼから聞こえるカエルの声と飛び交うホタルに癒される。紅葉の秋と凛とした空気に包まれる冬。由布岳が見える温泉に浸かりながら、どんな贅沢をしようか、思いを巡らす。

Hot Spring

目を瞑っても、癒しの空間

檜の香りに包まれた内湯を堪能したら、外に出て信楽焼の露天風呂に体を埋めてみる。心地のいい風が火照った体を鎮めると、普段は気にもしなかった景色が見えてくる。由布院には町ぐるみで大規模開発に反対してきた歴史があり、いまでものどかな田園風景が残る。春は大分川沿いに桜と菜の花が満開になり、夏は田んぼから聞こえるカエルの声と飛び交うホタルに癒される。紅葉の秋と凛とした空気に包まれる冬。由布岳が見える温泉に浸かりながら、どんな贅沢をしようか、思いを巡らす。

全室露天風呂付き。好きなときに、好きなように源泉掛け流しの天然温泉を楽しめる。内湯と交互に浸かりながら、周囲の自然からエネルギーをもらおう。

Garden

日本の伝統を踏まえた新しい庭

レストランのある本館で受付を済ませ、坂道を下る。点々と配された石灯籠や四季の草花を眺めながら中庭を進んでいくと、ホッと気持ちが安らぐのとこれから体験する未知の世界への高揚感で心が躍っているのに気がつく。現代風のアレンジが施されていながらも、日本の伝統が息づく精神。使い古されているのを承知で、つい“温故知新”という言葉が口を出る。ここからJR由布院駅までは車で約10分。近隣には寺社仏閣や史跡も多く、この地で長年営まれてきた歴史や文化に触れてみるのもいい。

Garden

日本の伝統を踏まえた新しい庭

レストランのある本館で受付を済ませ、坂道を下る。点々と配された石灯籠や四季の草花を眺めながら中庭を進んでいくと、ホッと気持ちが安らぐのとこれから体験する未知の世界への高揚感で心が躍っているのに気がつく。現代風のアレンジが施されていながらも、日本の伝統が息づく精神。使い古されているのを承知で、つい“温故知新”という言葉が口を出る。ここからJR由布院駅までは車で約10分。近隣には寺社仏閣や史跡も多く、この地で長年営まれてきた歴史や文化に触れてみるのもいい。

日本庭園を独自に解釈した中庭は、現代的な趣向を凝らしたデザイン。レンジローバーの無料貸し出しも行っており、周囲の観光スポットの散策にも便利。

Dining

これを食すために由布院を訪れる

旬の食材を、その土地ならではの調理法で、最高のひと皿に仕上げるのがシェフのこだわり。地元名産の椎茸やかぼすは朝食に。ディナーは大分の豊かな自然に育まれた豊後牛や鹿、鴨といったジビエ、さらには別府湾や豊後水道で獲れた新鮮な魚介類を使い、カジュアルフレンチのコースとして提供する。また、あらかじめ好みを伝えておけばアレンジも自由自在。さらに、テラスなどの屋外でBBQといったリクエストにも応えてくれる。こちらは他の施設でも対応可能だが、希望者は事前の連絡を。

Dining

これを食すために由布院を訪れる

旬の食材を、その土地ならではの調理法で、最高のひと皿に仕上げるのがシェフのこだわり。地元名産の椎茸やかぼすは朝食に。ディナーは大分の豊かな自然に育まれた豊後牛や鹿、鴨といったジビエ、さらには別府湾や豊後水道で獲れた新鮮な魚介類を使い、カジュアルフレンチのコースとして提供する。また、あらかじめ好みを伝えておけばアレンジも自由自在。さらに、テラスなどの屋外でBBQといったリクエストにも応えてくれる。こちらは他の施設でも対応可能だが、希望者は事前の連絡を。

野菜、根菜類、きのこ類は直売所で購入。スープなどにも野菜を使った料理が多い。九重町の高原卵や地鶏、地元産のマスカットを使ったデザートも人気。

客室情報

Deluxe villa type デラックスヴィラタイプ

建築面積:120.53㎡
テラス面積:108.5㎡
定員4名

Villa type ヴィラタイプ

建築面積: 91.98㎡
テラス面積:90.3㎡
定員2名

お電話でのお問い合わせ

0120-140-142

受付時間 9:00~18:00 365日受付

アクセス

アクセスマップ

大分県由布市由布院町川北桃木1615-1

飛行機をご利用の場合

東京
羽田空港

約1時間30分
大分空港
車で約60分
由布院別邸
大阪
伊丹空港

約1時間

電車・フェリーをご利用の場合

大阪南港 さんふらわあ
約11時間45分
別府観光港
車で約30分
由布院別邸
JR
新大阪駅
新幹線
約2時間30分
JR
博多駅
ゆふいんの森号
約2時間10分
JR
由布院駅
車で
10分

道路の混雑状況や交通手段の運行状況によって記載している時間に誤差が生じる場合がございます。ご了承ください。

所在地:大分県由布市由布院町川北桃木1615-1
大きい地図で見る

お電話でのお問い合わせ

0120-140-142

受付時間 9:00~18:00 365日受付

資料請求・お問い合わせ

ロングライフリゾートを紹介した無料カタログを約1週間でお届けします。

資料請求・お問い合わせフォーム